name
headobj

ご挨拶
東総連のホームページへようこそ!
私達一同で歓迎いたします

年部__近藤 忠夫
青年部長
__石川  晃
女性部長
__小田長 弘子
kaicho
東京納税貯蓄組合総連合会
会長 近藤 忠夫

 この度、平成29年度、東京納税貯蓄組合総連合会 総会におきまして会長にご指名頂きました近藤忠夫です。
 会長としての御指名を頂いた経過を申しますと、去る4月12日東総連正副会長、名誉会長、常任顧問会議において次期会長選考を行いました。
 又4月20日には、4月12日の経過を踏まえて選考委員による会長選任を行いました。満場一致で、私、近藤忠夫を推挙されました。これら民主的手順を経まして、この度、総会において選任を頂きましたことは誠に光栄に存じます。
 僭越ですが皆様の同意のもと微力ながら職責を果たしてまいりたいと存じます。  東総連も創立60周年と長い歴史を経ての今日、先人が築いてきた蓄積の中に現在があると認識しております。
 先般局連の立場で出席致しました記念式典時、申し上げたとおり、納税貯蓄組合が取り組む永遠の課題であります納税道義の高揚についてであります。
 日本の豊かな国力と安全は、税金によって支えられていることは言うまでもありません。
 マイナンバー制度など税を取り巻く環境は大きく変化する中、納税貯蓄組合活動の意義は益々高まっているものと考えられます。
 特に中学生の税の作文は、全国でも高い参加率を誇っておりますが、東総連の活動が隅ずみ各48署連に行き届いているからだと思います。
 その活動成果は全国の規範であり、ここを起点に新たな動きがスタートし、逆に衰退すれば全国各地の連合会も同じ道をたどることになります。
 そう言う点では他にないミッションを東総連から全国に発信して行かなければ意義はありません。
 納税貯蓄組合法は昭和26年に定められ65周年を迎えられております。 この由緒正しき納税貯蓄組合も今や、存亡の岐路に立たされていると感じます。 東総連は歴代の東京都知事の暖かい理解があってその活動基盤の一部を補助していただいております。
 この活動原資を有効に活用し税に関する都民一人ひとりの意識を高揚し教宣する。各署連の事業活動にたいして集約した東総連はきちっと方向を示し活動成果を次のステップに導いて行かなければなりませんと。
 今東総連が求められていることを申しますと
 1、財源の確保 2、組織の充実 3、各事業の見直しと充実
 4、事務局の機能 整備等、その他あげられます。
 その一つ一つを皆様とともに果敢に取り組んで参りたいと思います。
  組合員の皆様と一致した方向性に船を漕いでまいりたいと存じますのでご協力のほどお願い申し上げ就任の挨拶に代えさせていただきます。


 

ishikawa
青年部長 石川 晃

東京納税貯蓄組合総連合会青年部長の石川晃でございます。  
東総連青年部は、各地区連合会青年部と連携し、税務協力団体としての活動に積極的に取り組んでいます。  主な活動は、税務機関に協力するボランティア団体として、東総連女性部とも連携しつつ@ 納期内納税、口座振替納税等のPR、A 青少年への租税教育の重要性を踏まえ、中学生の「税についての作文」募集事業への参画、B 電子申告(e−Tax、eLTAX)の普及拡大等に積極的に取り組んでいます。  私達はこのような納貯活動を通して、地域・社会に大きく貢献できればと願っております。これからも東総連青年部にご指導賜りますとともに、多くの方にこの活動にご参加いただき、一緒に納貯活動を進めていただきたいと考えています。どうかよろしくお願い申し上げます。


odanaga
女性部長 小田長 弘子

 東京納税貯蓄組合総連合会女性部長の小田長弘子でございます。
 平成29年7月の女性部総会で部長に選任されました。  現在、各地の納税貯蓄組合は、財源問題や会員の減少による組織の停滞など様々な課題を抱えています。各地区連においても、残念なことに地区連女性部 が解散したり活動を休止したりする例があるようです。
 私は、こうした厳しい時代であるからこそ、地域に密着したボランテイア団体として、納税貯蓄組合の様々な活動を青年部と連携しつつ取り組んでいかなければならないと考えています。
 国税・都税・区市町村税の三税務機関と一層連携を強固にして、親会である東総連のご指導を仰ぎつつ、納税啓発活動や租税教育活動を推進して参ります。
  東総連女性部は、東総連の実働部隊の中核です。私たちの活動の充実が、東京の納税貯蓄組合全体の充実に繋がるものと自負しています。
 どうか、皆様の暖かいご指導とご協力を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。