本所納税貯蓄組合連合会
 

本所納税貯蓄組合連合会とは

1)発足、昭和40年
(2)特別に制定された法律(納貯法)に根拠を置く団体
(3)団体への加入に特別な資格は必要とされていません
(4)会員数 83団体2賛助会(平成28年7月現在)
(5)年会費 1団体 5,000円
(6)事務局所在地
   墨田区東駒形4−16−17スミダ飲料(株)内
(7)会長氏名  山田 佳余子
(8)主な年間行事
 1,都税街頭キャンペーン
 2,「中学生の税の作文」募集
 3,「すみだまつり」での広報活動
 4,各種研修会の開催(都と区の勉強会)
 5,納連だより
 6,日帰り研修会の実施
 7,新青年部の立上げ(青年部と婦人部の統合)
 8,城東地区協議会参加(本年度主催)

トップページへ戻る 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本所納連のホームページにようこそ!

私たちは、東京納税貯蓄組合総連合会に所属する税務協力団体です。
皆様のご参加をお待ちしております。

主な事業
1 都税納税キャンペーン(錦糸町駅前にてチラシ配布)5月・12月
2 「中学生の税の作文」(募集・回収・審査・表彰等)6月〜10月
3 「すみだまつり」参加(チラシ・グッズ等配布子供用ゲーム)10月
4 「改正相続法・マイナンバー講習会」、「本所税務署長講習会」、
  「マイナンバー講習会」「都税・区税を知る集い」等研修会

5 「納連だより増刊号」11月「納連だより」2月発行

『都税納税キャンペーン』

 5月8日、恒例の納税キャンペーンを錦糸町駅前で、午後3時より実施しました。金曜日の昼間でしたが、錦糸町南口は、人通りも多くその中で都税事務所の皆様と共に、納連役員も含め、約20名で納税推進のチラシやグッズを配りました。人通りは多かったのですが、やはり納税への関心は薄いようで、受け取ってくれない方、受け取っても無関心に通り過ぎる方もありましたが、ありがとうと声をかけてくれる方もおられ、地道に根気強く続けることが大事なのだと改めて思いました。
(平成27年度本所納連だより増刊号より)

『すみだまつり参加

 10月3日土曜・4日日曜日の両日に渉り秋晴れの抜けるような晴天に恵まれ、平成27年度すみだまつりが開催されました。本年度も例年通り本所・向島地区の青色申告会、納税貯蓄組合連合会の4団体が合同ですみだまつりに参加しました。
 すみだまつりに参加された墨田区民の皆様に簡単な設問のアンケートにお答え頂きお礼として、国税・都税・区税等の税務関連機関より提供されたPRチラシ及び各種粗品を差し上げています。(一部省略)
 人寄せのために子どもさんのクジ引きと、一億円の重さ体験の催しは、親子が列を作り楽しみに興じており、アイデアが人集めに貢献しておりました。(平成27年本所納連だより抜粋)

honjo1

honjo2


<本所納税貯蓄組合会長からのごあいさつ>

 本所納税貯蓄組合連合会では、設立当初より、納貯意識の高揚と自主納付活動の確立を目指し、様々の活動に取り組んでまいりました。
 近年においては、「国税の電子申告・納税(e−Tax)」や「地方税の電子申告・納税(eLTAX)」の普及等に努めてまいりました。また「中学生の税についての作文」についても墨田区内の公・私立中学校に積極的に働きかけ、1000編以上の応募をいただいています。
 当納連では、本所地区の町会を中心に納税組合を構成しており、現在では町会の皆様にご理解をいただき、活動費として各町会より会費をいただきより活発な活動を行っております。
 今後は、新青年部の発足と活動の充実、所属団体を中心に「日帰り研修旅行」等、研修活動の充実を図り、納貯組織の体質強化と活性化に努めて参りますので、より一層のご理解ご協力をお願いします。

Copyright(C)2016 Tousouren. All Rights Reserved.